(1958-5-09) ●踊ろよ、ベイビー - ボビー・フリーマン

「The Billboard Hot 5」
06/09-1
Do You Want To Dance - Bobby Freeman
(踊ろよ、ベイビー - ボビー・フリーマン)

画像・彼は、1940年6月13日、カリフォルニア州サン・フランシスコで生まれた。14歳の時、ロマンサーズと言う6人組のヴォーカル・グループを結成した。メンバーはボビー・フリーマン、アルヴィン・トーマス(テキサス生まれ、1997年、ブルックリンで死去するまで、音楽業界で働き続けた)、ウッドロー・ボボ・ブレイク(テキサス生まれ、1991年、サン・フランシスコで死去)、タイロン・フレンチ(「I Still Remember」のリード・ヴォーカルで当時、15歳だった、1994年、カリフォルニア州モンロヴィアで死去)、ジミー・シェルボーン。アルヴィンの兄のジェームス・トーマス(1984年、ブルックリンで死去)も少しの間参加し曲を書いたが、彼は間もなく海軍に入隊しグループを離れた。1955年後半、彼らはペンギンズ、メダリオンズ、ドン・ジュリアン&メドウラークス等が所属していたドゥーツィ・ウィリアムズが設立した、ドゥートゥ・レコードのあるロサンゼルスに向かった。彼らは「I Still Remember」、「House Cat」、「This Is Goodbye」、「Jump And Hop」と言う4曲を録音した。1956年2月、「I Still Remember」と「House Cat」でデビュー、軽快なダンス・ナンバーでウェスト・コーストでローカル・ヒットした。セカンド・シングル「Jump And Hop」と「This Is Goodbye」をリリース、チャック・ヒギンズのテナー・サックス・ソロをフューチャーした16-bar-bluesの、ホット・ダンス・ナンバーだったが、殆ど話題にならなかった。1958年、彼らのマネージャー、ブラッド・テイラーのベイトーン・レーベルに移籍し、「You Don't Understand」と「Baby,I Love You So」をリリースしたが、ヒットせずグループは間もなく解散した。ボビー・フリーマンはヴォーカリアーズを結成し、西海岸を中心に活動(ニュー・ヨークを中心に活動した同じ名前のグループがあるが、そのグループとは全く別グループ)。その後、ソロに転向(他のメンバーは、ボビーとジミー意外、全員他界)し、ジュビリー・レーベル傘下のジョシー・レーベルから1958年、此の「Do You Want To Dance(踊ろよ、ベイビー)」をリリース、行き成り全米5位に入る大ヒットとなった。その後、「Betty Lou Got A New Pair Of Shoes(1958年、全米37位、R&B・チャート20位)」、「Shame On You Miss Johnson(1958年、全米54位、R&B・チャート29位)」、「Mary Ann Thomas(1959年、全米90位)」、「Ebb Tide(1959年、全米93位)」、「(I Do The)Shimmy Shimmy(1960年、全米37位、キング・レーベル)」、「C'mon And Swim(スイムで行こう、1964年8月、全米5位、R&B・チャート5位、オータム・レーベル)」、「S-W-I-M(1964年、全米56位、R&B・チャート56位)」、「The Mess Around(1969年、全米89位)」等のヒットを放った。しかし、彼は「スイム」と言うダンスが大流行しそのブームに乗り「S-W-I-M」をリリースした時、全国的なツアーを殆ど行わなかった。彼は1960年代後半、主にストリップ・クラブで活動した。また、サン・フランシスコにあるコンドル・ナイトクラブ(1964年、キャロル・ドゥーダが初めてトップレスでゴー・ゴー・ダンスを踊った所)で、活動した。1970年代に入り、ソングライター、レコード・プロデューサーとしても活動しながら、レコードをリリースするもチャート・ヒットは放てなかった。今現在、ナイトクラブ等で活動し、最近では、ベイ・エリア・ミュージック・アワードで公演した。
此の作品は、ボビー自身のペンによるもので、独特なパーカッションのリズムをフューチャーした、軽快なロックンロール・ナンバーに仕上がっている。当時、17歳だったボビーの若さが溢れ、溌剌した感じを受ける。最後のリフの「Well do-ya do-ya do-ya do-ya Wanna dance?・・・」は、アドリブだったと言うのも驚きである。全米5位の他、R&B・チャートで2位に入った。また、数多くカヴァーされ、特に1965年のビ-チ・ボーイズのホット・ロッド・ヴァージョン(全米12位)、1973年のベット・ミドラーのスローなバラード・ヴァージョン(全米17位)が有名である。その他、クリフ・リチャード(1962年)、デル・シャノン(1964年)、ママス&パパス(1966年)、ジョン・レノン(1975年)、T・レックス(1975年)、ラモーンズ(1977年)等がカヴァーしている。



●アーティスト・インデックス・B
  http://46309727.at.webry.info/200001/article_5.html

●1958年 (昭和33年) ホット5・リスト
  http://46309727.at.webry.info/200004/article_27.html

この記事へのコメント